スマイル

瑕疵問題が生じる前にきちんと対策を練っておく

大人向けの自動車保険

シニア

セゾン自動車火災保険は40代・50代向けの「おとなの自動車保険」があるので、保険料を安く抑えたいと考えている方に人気があります。40代や50代を安く設定しており、さらに年間の走行距離に応じて算出されるので、かなり安くなります。また、基本補償に加えて、自分の必要な特約を付けられるので、補償も十分です。

Read More...

自動車を運転するなら必須

説明

自動車保険は数日間の超短期での加入はプランがありますが、1か月単位での加入は基本的に出来なくなっています。契約内容によっては実質1カ月単位での自動車保険の加入が出来ますが、支払い方法によっては損をしてしまうこともあります。支払いの方法と解約のタイミングがポイントになります。

Read More...

ゴルファーには必要

オペレーター

ゴルフ保険はゴルフをプレーする人にとっては必要不可欠な保険と言えます。プレーによる怪我や事故などの補償や、クラブなどの道具に関する補償に加え、ホールインワンなどのお祝いにかかった費用を保険金で受け取れるメリットがあります。

Read More...

不動産を扱う時の備え

案内男性

不動産を扱う時には、様々なリスクに注意して売買したり建築したりする事が必要です。特に購入や改築工事では初期費用が相応にかかるため、できる限り損失リスクを避ける様にしておく必要があります。そうしたリスクの1つに挙げられるモノに、瑕疵(かし)と呼ばれる状況があります。瑕疵とは不動産において、法律や契約で義務付けられた、あるいは約束された最低限満たすべき性能が備わっていない状態を指した言葉です。義務付けられた性能とは具体的に、耐震性能に関わる部分や雨漏りを防止する部分などが該当します。こうした瑕疵による被害は、不動産購入者が実際に利用する段階にならなければ自覚しづらく、入居後でも補償を求めたい問題と言えます。現在の保険では、こうした瑕疵によって生じた損害に対する補償を行う制度も確立されています。不動産の利用者はこの制度を活用すると、補修などでの負担を軽くする事に繋がります。

一般的に住宅瑕疵保険と呼ばれる事が多いこの保険は、不動産を扱う業者が国の指定する保険法人に対して加入する保険とされています。住宅を実際に扱う利用者から見ると、不動産購入や工事が決まった段階で、契約書面などに担当業者の瑕疵保険加入の有無が記載される事になっています。したがって利用者は契約書面に目を通し、保険に加入しているかを確認しておくと、瑕疵の問題が生じた時の対応がスムーズに行える様になります。瑕疵問題が生じた時に利用者が補償請求した場合、業者は保険金を受け取り、それを基に補修などの対応を行う事になります。また仮に業者が倒産などで担保責任を履行できない状況になると、利用者が直接、保険法人に対して保険金を請求する事も可能とされています。この様に業者の経営状況に関わらず、できる限り不動産利用者の保護を行う事が、瑕疵保険制度の目的となっています。

Associated Link

  • 株式会社 住宅あんしん保証

    安心して暮らせる住宅を手に入れませんか。瑕疵保証を行っている企業がこちらになります。とても人気がありますよ。